こぶし建設株式会社

南長沼地区 35工区区画整理工事 施工完了

工事名 南長沼地区 35工区区画整理工事
工期 平成28年4月28日~平成29年2月16日
発注者 北海道開発局 札幌開発建設部
事務所 札幌南農業事務所
受注者 こぶし建設株式会社
工事概要
区画整理工事A=24.98ha
整地工 A=24.98ha (表土扱い)
暗渠排水工 A=24.98ha
農道工 L=1,642.89m (盛土、敷砂利)(B農道L=1,642.89m)
支線用水路工排泥弁工1式
支線用水路工 L=256.97m (φ350塩ビ管)
ほ場内用水路工 L=1,879.07m (VU管 φ500~100)
ほ場内排水路工 L=3,405.00m (U型柵渠L=282.2m)(UトラフL=3,122.8m)
雑工構造物取壊し、残土処理工
仮設工 水替え、仮設道路工

事状況

平成29年2月28日現在工事状況

現場の方は、年明に片付け等を中心に行い完了。1月,2月は、検定書類作成です。
施工中は、発注者、改良センター、受益者、関係業者の方々のご協力により無事に完成することが出来ました。
有難うございました。

平成28年12月28日現在工事状況

道路復旧 路床
縁石 設置状況

年内で大方の施工は完了し、小規模箇所を施工しておりますが、一部仕上げ等が残ります。
年明け上旬で現場は完成し、今後は検定書類作成となる予定です。
残りわずかですが、最後まで気を抜かずに進めたいと思います。

平成28年11月30日現在工事状況

施工状況
柵渠 施工状況

11月末で、一番深い排水路(柵渠H2000)が完了し、雨による増水も心配なくなりました。12月は、狭い箇所の仕上げ等の施工となります。だんだん気温も下がり、降雪や凍結による災害に注意し進めていきます。

平成28年10月31日現在工事状況

整地 施工状況
既設水路 取壊し状況

今月は、中旬から交通規制での作業が始まりましたが交通災害もなく安全に施工しております。これからも引き続き交通規制をしますが御協力お願いいたします。施工範囲も段々と狭くなり接触災害にも再度注意していきます。
また、早まる日没や気温低下による路面凍結など、冬型の安全対策も進めていきます。現場施工も最終仕上げとなりますが、焦らず安全第一で完成を目指します。

平成28年09月30日現在工事状況

暗渠・整地 施工状況
ウエルポイント 施工状況

今月は、天候も回復し見直した工程に沿って施工を進めています。用水路工・排水路工は終盤となりますが、今月から徐々に、道路交通規制による作業も増えてくるので、交通災害については特に注意していきます。整地工・暗渠排水工については、来月も引き続き晴天を祈っています。関係者の方々には、交通規制等によりご迷惑おかけしますが、引き続き御理解と御協力お願いします。

平成28年08月31日現在工事状況

暗渠排水工 施工前
柵渠排水 施工状況

8月は中旬から悪天候+台風3連発により、整地工・暗渠排水工の遅延が発生してます。
排水路工・用水路工についても同様ですが、降雨後の着手が早いため、スローペースながら着実に進めてます。
9月は、天候が回復し順調に施工できるように祈っております。
今後は、天候による工程変更等が懸念されますが、密に打合せを行い完成を目指します。

平成28年07月31日現在工事状況

整地工の施工状況
熱中症対策にソーラーシステムハウスを置きました

6月から施工開始し、今月末で排水路工50%、用水路工25%、農道工25%、整地工15%完了しました。今後は、引き続き同工種と暗渠排水路工の施工となります。暗渠排水路工での重機接触災害とクレーン作業(大型桝設置)の排水路工を特に注意して施工します。また、収穫期での営農車両優先を徹底して行きます。
作業員の熱中症対策にソーラーシステムハウスを設置しました。休憩には快適な環境を提供し健康管理にも気を配ります。

平成28年06月30日現在工事状況

排水路掘削状況
現況ほ場乾燥化促進

6月は天候に恵まれず、思った以上に進捗が伸びなかったですが、下旬は少々天候も回復し取り返しつつあります。今月は、上旬から整地を開始し排水、用水路工は引き続き施工して行きます。多機種の重機が混在する中での作業となりますので、周囲・合図確認を徹底し作業します。また、気温も高くなってきますので、熱中症にも気を付けたいと思います。周辺地域の皆様に対しては、交通規制等にて事前に打合せを行い、営農に支障ないように努めます。

平成28年05月31日現在工事状況

空撮 北側から
空撮 南側から

当現場は、5月中旬から起工測量・現地踏査を進めておりますが5月末には立会を行い。いよいよ6月上旬から本格的な作業となります。重機との併用作業が中心となりますので、重機災害防止に努めてまいります。また、隣接する町道がほぼ砂利道のため、他工区との連携をとり防塵対策をしっかり行います。発注者・受益者・受注者での打合せによりスムーズな施工を心掛けて行きますので、ご協力お願いします。

TOP