こぶし建設株式会社

一般国道452号 芦別市 盤の沢改良工事 施工完了

工事名 一般国道452号 芦別市 盤の沢改良工事
工期 平成27年05月08日~平成28年01月15日
発注者 北海道開発局 札幌開発建設部
事務所 滝川道路事務所
受注者 こぶし建設株式会社
工事概要
本線起点側L=220m
本線終点側L=380m
林道整備区間4.3km
林道新規区間L=406m
道路土工掘削V=6700m3、土砂運搬 V=3740m3 路体盛土V=4140m3 路床盛土V=2560m3
法面工腐食酸吹付工A=5470m2
抑止杭工 場所打杭工 大口径ボーリング D500mm L=7.5~13.0m 24本
杭頭連結工鉄筋W=2.20t、RC-1 V=41m3
排水構造物工管渠工 3箇所
仮設工仮設道路工 A=1270m2
舗装工下層路盤工 A=15,330m2   基層 A=15,330m2

事状況

平成27年12月28日現在工事状況

本線終点側・林道新規区間 完了全景
頭部連結コンクリート打設状況
抑止杭工(頭部連結工)完了
感謝状授与式です

12月は、降雪の隙間を狙い、頭部連結コンクリートを完了しました。12月22日に現場検査をしていただき、現場は完成しました。上芦別公園の四阿(あずまや)塗装と旭ヶ丘公園で行った植樹会に対し、芦別市長より感謝状をいただきました。ありがとうございます。
今回で報告は最後となります。 発注者及び工事に携わっていただいた各関係機関の皆様、並びに協力業者の皆様にこの場をお借りして御礼を申し上げます。 無事故無災害で工事を完成することが出来ました。 ありがとうございました。

平成27年11月27日現在工事状況

本線終点側・林道新規区間 全景
抑止杭施工状況
町内会の皆さんと植樹会の様子
カミネッコンによる植樹の様子

11月は、抑止杭の施工を行い末には完了です。引き続き杭頭連結コンクリートの施工を素早く行います。本格的な降雪前にケガなく、山から下りてきたいと思います。写真は旭町町内会の皆さんと旭ヶ丘公園で行った植樹会の様子です。当日、カミネッコンの作成を行ったあと、桜の苗木を植樹しました。

平成27年10月30日現在工事状況

本線終点側・林道新規区間 全景
林道舗設状況
抑止杭施工状況
抑止杭施工状況

10月になり林道の舗設工事を完了しました。 同時に道路盛土による地滑りを抑えるために、径500㎜、厚さ20㎜、長さ8m~13mの鋼管杭を24本打込みます。これは11月下旬まで行い杭頭連結の生コンを打設して終了します。
雪が本格的になる前に工事を終了させるため、安全に素早い施工を行っていきたいと思います。

平成27年09月30日現在工事状況

本線終点側(赤線)・林道新規区間
盛土施工状況

9月は新規林道と本線の盛土と路盤を行い、2ヶ月間でようやく抑止杭の施工場所に車で行けるようになります。 これから、場所打ち杭及び舗装の施工です。写真は盛土の様子と、空撮での全景です。 空撮で道路の形が見えるようになりました。 10月からは新しい工種になります。 気を引き締め直し、安全に施工します。

平成27年08月29日現在工事状況

本線終点側(赤線)・林道新規区間(黄線)
本線終点側(赤破線)・林道新規区間(黄点線)
林道新規区間 造成状況
四阿(あずまや)塗装完了

8月になり伐開が終わって、ようやく路線全体が見えるようになりました。土工の準備が整った段階で夏の豪雨に合い、思うように進みません。工程の遅れを、重機を増やして取り戻します。旧路線林道の1次路盤は完了し、不陸整正と舗装は終点側の資機材搬入が落ち着いてから施工を開始します。芦別市からの相談をうけて、上芦別公園にある四阿(あずまや)の、塗装補修を行い公共施設の長寿命化に貢献しました。9月は重機の作業が主です。引き続き、重機災害に注意し、安全第一で作業を進めます。

平成27年07月31日現在工事状況

本線起点側
本線終点側(赤破線)・林道新規区間(黄点線)
立木切り揃え状況
伐根物等小運搬・産廃処理
既設林道 路盤工
既設林道 路盤工

7月に入り新規路線部分の立木の切り揃えや抜根物等の運搬・産廃処分を行っています。 少しずつ道路の位置が明らかになってきました。 本線起点側では抜根物等がなくなり切土の準備完了です。 終点側への入口部 4.3㎞においては、新規道路造成の資機材補給路を確保するため、既設の林道を砂利で補強しています。 8月は7月から引き続きの作業と道路造成を行います。 重機災害に注意し、安全第一で作業を進めます。

平成27年06月29日現在工事状況

新規路線草刈状況
抑止杭着工前

6月は準備工の起工測量を実施中です。写真のように、新規路線は笹を刈って、まずは、人を歩く道からの造成です。
もう一枚の写真は抑止杭打設予定位置です。右側(道路)から左側への地滑り防止の為、φ500の鋼管を24本打込みます。
7月からは重機によって、伐開・横断管・切盛土・林道整備を行い本格的な作業を開始します。重機災害に注意し、安全第一で作業を進めます

平成27年05月31日現在工事状況

着工前 (本線起点側)
着工前 (本線終点側・林道新規区間)
着工前 (林道整備区間)

5月7日に札幌開発建設部より受注した工事です。
本工事は本線道路の地すべり防止のための抑止杭(φ500、t20㎜、L=7.5~13.0m)を打つ工事ですが、まずは道路整備(伐採・盛土・路盤)を行ってからの施工になります。
安全第一はもちろん、熊対策・ブヨ対策もしっかり行って、準備工(起工測量・伐採・林道整備)を始めます。

TOP